見る・遊ぶ

富士宮・富士花鳥園「ベゴニア富士山」がイルミでクリスマスver.に

「クリスマスバージョンベゴニア富士山」

「クリスマスバージョンベゴニア富士山」

  •  
  •  

 「クリスマスバージョンベゴニア富士山」が現在、富士花鳥園(静岡県富士宮市)に登場している。

「クリスマスバージョンベゴニア富士山」

 1200株のベゴニア、約300品種のフクシア、姉妹園加茂荘花鳥園育成のオリジナルアジサイ「加茂セレクション」などの花々や、約30種類ものフクロウ・ミミズクや、ペンギン、エミュー、ロリキート(インコ)など、多くの鳥たちと過ごすことができる同園。

[広告]

 極大輪球根のベゴニアを並べて作られたベゴニア富士山を、今回巨大クリスマスツリーに見立ててイルミネーションを施したという。社長発案の今年からの試行で、「毎年装飾と工夫を凝らしていき、このシーズンのPRポイントにしていきたい」と同園。

 「ピラミッドのほかにも、『フクロウの森』も季節に合わせた装飾を行っておりクリスマス仕様になっている。現在は冬季限定で、暑さに弱いが寒さにはめっぽう強い『シロフクロウ』がショーに登場しているので、ぜひご覧いただければ」とも。

 開園時間は9時~16時。入園料は、大人=1,100円、小学生=550円など。