見る・遊ぶ

富士宮「富士花鳥園」フクロウの森がリニューアル モリフクロウの赤ちゃんも

「フクロウの森」

「フクロウの森」

  •  
  •  

 富士花鳥園(静岡県富士宮市)は8月、ウオークインバードケージ「フクロウの森」をリニューアルオープンした。

モリフクロウの「ベル」

 約30種・100羽のフクロウ・ミミズクや、ペンギン、エミュー、ロリキート(インコ)などの鳥たちを飼育する同園。

[広告]

 柵やガラスを介さずフクロウを見ることができる「フクロウの森」は、リニューアルにより、森の小道をイメージした内装になったほか、間近でフクロウを観察できるようになったという。また現在、モリフクロウの赤ちゃんを見られるという。

 同園スタッフは「現在ここにいるのは、花鳥園オールスターズと言わんばかりの人気者のフクロウさんたち。ぜひ新しい『ふくろうの森』に遊びに来ていただければ」とアピールする。

 開園時間は9時~17時。入園料は、大人=1,100円、小学生=550円など。

  • はてなブックマークに追加