3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

富士花鳥園でエミューのひな続々誕生 動画の公開も

エミューのひな

エミューのひな

  • 13

  •  

 富士花鳥園(静岡県富士宮市)で1月~3月、エミューのひなが続々誕生している。

エミューのひな

 1月29日に誕生した1羽目から、3月2日の5羽目まで順調に成長しているというエミューのひな。約320グラムで生まれ、最初は大人の手の平の上に乗るぐらいの大きさ。成長が早く、9カ月ほどで成鳥(40~50キログラムほど)になるという。

[広告]

 ひなの頃の羽の模様は、ウリボー(イノシしの赤ちゃん)のようなしましま模様で、頭部も同様。ひなの時期にしか見られない姿だという。

 園内の「エミューのようちえん」で公開しており、ひなは暖かい時間帯のみ見ることができる。同園のツイッターアカウントではひなの様子も動画で公開している。

 開園時間は9時~16時(4月1日からは17時まで)。入園料は、大人=1,100円、小学生=550円、シニア(65歳以上)=880円、幼児(未就学児)無料。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?