富士宮市に「静岡県富士山世界遺産センター」 富士山を多角的に紹介

静岡県富士山世界遺産センター外観

静岡県富士山世界遺産センター外観

  •  

 静岡県は12月23日、富士宮市に富士山の自然や歴史・文化を紹介する「静岡県富士山世界遺産センター」をオープンする。

センター5階からの眺望

 2013年6月にユネスコの世界文化遺産に登録された「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」を後世に守り伝えていくための同施設。

[広告]

 富士山を「永く守る」(保護・管理)、「楽しく伝える」(展示・情報発信、学習支援)、「広く交わる」(交流促進)、「深く究める」(調査研究)の4つを活動の柱とする。

 センターは約7000平方メートル。展示棟は、「逆さ富士」をイメージした逆円すい形のデザインの建物で、映像の上映や模型、文化財の展示などを実施。

 展示テーマは、富士山の成り立ちを紹介する「火山としての富士山」、信仰対象としての富士山の歴史・文化を紹介する「聖なる山」、富士山が芸術・文学に与えた影響についての「美しき山」、富士山から生まれる水により育まれる自然についての「富士~循環する水と生命」、富士山の自然環境を守る暮らしについての「富士山との創造的共生」。

 2階の「映像シアター」では、富士山の魅力を伝えする映像を上映。収蔵品や寄託資料をデータベース化する事業「静岡県富士山資料デジタルアーカイブ」も展開。

 最上階まで続くらせん状のスロープを設置し、壁面に投影される富士登山道の風景を楽しみながら登ることで、富士登山を疑似体験できるようになっている。最上階には「展望ホール」を設置し、富士山が一望できるほか、世界遺産の構成資産・要素である富士山本宮浅間大社も視界に収めることができる。

 施設開設の第1弾企画として、富士山絵はがきを収集した「平川コレクション」から約450点の資料を公開する。

 12月23日には神田川ふれあい広場と浅間大社西側市有地で、開館を記念したイベントを開催し、市民や地元の有名人、アイドルによるステージや、地元グルメの紹介などを予定。同24日にもオープン記念イベントとして、西町商店街、宮町商店街、本町商店街、神田商店街、中央商店会・駅前通り商店街が、それぞれの特色を出したイベントを行う。

 開館時間は9時~17時(7月・8月は18時まで)。第3火曜休館。観覧料は、1階=無料、2階以上=300円(学生・70歳以上無料)。