暮らす・働く

「コロナに負けるな!ふじよしだ若者エール便」第2弾 市出身で市外で頑張る学生に

エール便の内容は、米、水、うどん、ほうとう、レトルト食品などを予定

エール便の内容は、米、水、うどん、ほうとう、レトルト食品などを予定

  • 27

  •  

 富士吉田市は現在、「コロナに負けるな!ふじよしだ若者エール便」第2弾の申し込みを受け付けている。

富士吉田市

 新型コロナウイルス感染症の影響で帰省の自粛を余儀なくされ、市外で一人で頑張っている富士吉田市出身の学生に、ふるさとを感じてもらえる富士吉田市の特産品などを送る企画。今年5月に募集した第1弾に続いて行う。

[広告]

 第1弾が県外で暮らす学生が対象だったが、第2弾は市外で暮らす学生を対象。申請時に保護者が富士吉田市に住民登録されていることが条件となっている。エール便の内容は、米、水、うどん、ほうとう、レトルト食品などを予定。

 市の担当者は第1弾について、「国の緊急事態宣言を受けてのエール便・第1弾では、ご家族やご親戚、お友達、市民みんなからの応援の気持ちを、多くの学生の皆さんに届けることができた。エール便を受け取った学生の皆さんからいただいたメッセージは、ふるさとを思う気持ちがあふれ心が熱くなった」とコメント。

 第2弾は「長引く新型コロナウイルスの影響で思い描いた学生生活を送ることができない学生の皆さんに、新年を迎えるに当たり、市民みんなでエールを送りたいという気持ちから決定した。学生の皆さん、ふるさとがみんなで応援しています。新しい年に期待を込めて、共に頑張りましょう」とアピールしている。

 申し込みは1月15日まで。富士吉田市のホームページから受け付けている。

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?