見る・遊ぶ

富士急行5000形「トーマスランド号」の営業運転終了 車両の保存展示も

富士急行5000形「トーマスランド号」

富士急行5000形「トーマスランド号」

  •  
  •  

 富士急行(山梨県富士吉田市)は2月23日、富士急行5000形「トーマスランド号」の営業運転を終了する。

 同列車は1975(昭和50)年3月12日に営業運転を開始。当時としては珍しい冷房設備を備え、運行開始の翌年7月11日に鉄道友の会からローレル賞を受賞した。富士急ハイランドに今年で開業20周年になる「トーマスランド」が誕生したことをきっかけに「トーマスランド号」になった。

[広告]

 2月23日までの期間、富士急行線各駅で塗り絵カードを配布し色付けしたものを募集する「ありがとうトーマスランド号キャンペーン」も開く。作成されたカードは車内に掲出される。

 担当者は「営業運転終了後の4月以降は富士急行線下吉田駅で車両を保存展示する予定。富士急行5000形トーマスランド号の思い出と共に残り少ない乗車を楽しんでほしい」と話す。

 最終日の運航時刻は、下り=大月駅発13時11分~河口湖駅着14時16分、大月駅発16時15分~河口湖駅着17時22分、上り=河口湖駅発11時16分~大月駅着12時16分、河口湖駅発14時32分~大月駅着15時29分。

  • はてなブックマークに追加

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?