見る・遊ぶ

花の都公園でヒマワリが見頃 百日草や黄花コスモスなども

花の都公園のヒマワリ

花の都公園のヒマワリ

  • 4

  •  

 花の都公園(山梨県山中湖村)花畑・農園エリアで現在、ヒマワリ、百日草などが見頃を迎えている。

花の都公園の百日草

[広告]

 富士山の麓で標高1000メートルに位置し30万平方メートルある同エリアは、季節ごとにさまざまな花で埋め尽くされ、天気が良ければ富士山との競演が楽しめる。

 約80万本が咲く百日草の見頃は、7月中旬から10月上旬ごろ。約280万本の黄花コスモスも現在咲いており、8月下旬から10月中旬ごろが見頃。

 約12,5万本のヒマワリは8月中旬~下旬ごろが見頃で、ヒマワリ畑には迷路も用意する。同園では遅咲ヒマワリも9月下旬から10月上旬ごろに見ることができ、約2万5000本が咲くという。

 有料エリアの「清流の里」では現在、ブルーサルビア、マリーゴールドエンデュランス、サンパチェンス、ベゴニアトップハットも咲いている。

 同園担当者は「今年は例年より早く百日草、ヒマワリ、黄花コスモスが開花している。雄大な富士山をバックに花々の絶景を満喫してもらえれば」とアピールする。

 営業時間は8時30分~17時30分。夏季の有料エリア入場料は大人=600円、小中学生=240円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース