見る・遊ぶ

富士急行線「1000系・1202号編成」が引退 限定グッズ、撮影会・ツアーなども

「1000系・1202号編成」

「1000系・1202号編成」

  • 7

  •  

 富士急行線(大月駅~河口湖駅間)を運行する「1000系・1202号編成」が10月28日、引退する。

 「富士急行1000系」は、1994(平成6)年に運行を開始。現在富士急行線では、全3編成6両の1000系車両が運行している。今回「富士急行線昭和30年代リバイバルカラー(青色と水色を基調に白帯の入った3色塗装)」で知られる「1202号編成」が引退することとなった。

[広告]

 10月24日10時からは引退記念グッズを通販サイト「富士急のりもの百貨店」や、富士急行線富士山駅(窓口営業時間内)などで販売。商品は、「クリアファイル」(300円)、「キーホルダー」(600円)、「マウスパッド」(800円)。

 5駅分の硬券入場券の「引退記念入場券セット」(1,100円)は10月17日・18日に河口湖駅1番線ホームで、19日以降は富士山駅で販売する。通販サイト「富士急のりもの百貨店」での発売も予定している。

 1000系車両全3編成を撮影できる車両記念撮影会も10月17日・18日に開催。参加費は2,000円~5,000円。参加特典として、記念参加証、富士急行線オリジナルグッズを進呈する。

 10月24日・25日には「富士急行線さよなら1000系1202号編成ツアー『GoToキャンペーン対象』」も開催。河口湖駅での撮影会、洗車機体験、1000系1202号編成での貸切乗車体験を行う。ツアー料金は1万2,030円~2万800円で、日帰りプラン、宿泊プランを用意。出発駅は東京駅、新宿駅、三島駅。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?