見る・遊ぶ 学ぶ・知る

富士市役所で「富士市消防まつり」 ドリル演技やちびっこ認定消防士など

過去開催時の様子

過去開催時の様子

  •  
  •  

 「富士市消防まつり」が11月10日、富士市役所北側駐車場で開催される。

「富士市消防まつり」過去開催時の様子

 「市民と消防が心を触れ合い、市民生活における防火体制についての理解と知識を深めるための懸け橋」として1986(昭和61)年に始まったイベント。毎年秋の火災予防運動期間中に実施されている。

[広告]

 会場では「定評がある」(担当者)という各協力団体、消防団による出店のほか、はしご車を使った「投げ餅」、幼年消防クラブや消防音楽隊・カラーガード隊によるドリル演技・演奏、消防団ラッパ隊の演奏を行う。ミニ消防車の試乗、ちびっこレスキュー、煙体験ハウス、消火体験、応急救護体験など体験イベントも用意するほか、フードやドリンクの出店、空気を膨らませ中に人が入って遊べるエアー遊具「ふわふわ」の設置も。

 写真撮影コーナーでインスタボードを使用して写真を撮影し、富士市消防本部公式ページをシェアした人や、体験イベントでのちびっこ認定消防士、スタンプラリーに参加した人に記念品を進呈する。

 富士市消防本部の箱山和彦さんは「市民に親しまれ定着した消防の大きなイベントで、年々来場者も増加し、富士市でも人気のイベントの一つになっている。幅広い年齢層で楽しめるので友達や家族との来場をお待ちしている」と話す。

 開催時間は9時~13時30分。入場無料。当日、富士市教育プラザから無料シャトルバスを運行する。

  • はてなブックマークに追加

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?