見る・遊ぶ

富士宮「富士花鳥園」でクリンソウが見頃に 5万株が咲き誇る

富士花鳥園のクリンソウ畑

富士花鳥園のクリンソウ畑

  •  
  •  

 富士花鳥園(静岡県富士宮市)で現在、クリンソウ畑が見頃を迎えようとしている。

 クリンソウはサクラソウ科の多年草。花の咲く様子が花茎を中心に円状に咲き、数段に重なる様が五重塔など仏閣の屋根にある装飾の「九輪」に似ていることから、「九輪草」という名前の由来になったといわれている。

[広告]

 同園のクリンソウ畑は約500坪の5万株。5月上旬から6月下旬ごろまでが開花時期で、一番の見頃は5月中旬~6月上旬だという。

 色のバリエーションはピンク、紫、白など7~8種類ほど。中には珍しい柄のものもあるという。最初の時期はピンク色系の花色が多く、6月に入ると黄色系の花色が増えていく。

 同園スタッフは「クリンソウは当園の栽培スタッフが、最初はたったの7株でスタートし、そこから段々と増やし約5万株までになった。これほど群生しているところは周辺には無く見応え抜群」とアピールする。

 開園時間は9時~17時。入園料は、大人=1,100円、小学生=550円など。

  • はてなブックマークに追加

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?