富士急「リサとガスパールタウン」、アイリスなど2万株で一面ブルーに

「ブルーガーデン」

「ブルーガーデン」

  •  

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に隣接する入園無料エリア「リサとガスパールタウン」で4月21日、開業5周年を記念した春のアニバーサリーイベント「ブルーガーデン」が始まる。

青色のフードやドリンクも

 フランスの絵本「リサとガスパール」の住むパリの街並みを再現した「リサとガスパール タウン」。エッフェル塔のあるメイン広場に、フランスの国花アイリスなどや、ネモフィラやブルーデイジー、ロベリア、デルフィニウムの5品種・約2万株の花で一面青く埋め尽くすブルーガーデンが登場する。

[広告]

 「ブルーホイップフロート」や花冠をイメージした「ブルーメレンゲリース」など、青色のフードやドリンクのメニューも提供。富士急ハイランドでも「ブルーメニューフェア」を展開する。

 開業5周年を記念したアニバーサリーイベントは1年を通して、シーズンごとに異なるカラーで彩るほか、リサとガスパールが遊園地で遊ぶ話の絵本の1ページや、リサとガスパールがFUJIYAMAに乗った原画デザインの巨大な絵本オブジェなど、リサとガスパールの世界観の新たな体験型フォトスポットが登場する。

 5周年記念デザイングッズの販売や、土曜・日曜・祝日10時と15時からはリサとガスパールのグリーティングも開催。

 隣接する「ハイランドリゾート ホテル&スパ」では4月28日から、リサとガスパールの世界観で演出した「リサルーム」「ガスパールルーム」の宿泊客に、リサとガスパールが5周年を祝うオリジナル原画デザインのクリアファイルも進呈する。

 開園時間は8時30分~18時30分(季節により異なる)。6月下旬まで。