富士宮市内房稲瀬川沿いで「たけのこ桜まつり」 桜や菜の花が富士山と共演

稲瀬川沿いから眺めることができる桜と菜の花と富士山の様子

稲瀬川沿いから眺めることができる桜と菜の花と富士山の様子

  •  

 富士宮市内房の稲瀬川沿いで4月8日、「芝川日和 内房(うつぶさ)たけのこ・桜まつり」が開催される。

 稲瀬川沿いに植えられている400本の桜と菜の花が富士山と共に楽しめ、採れたてのタケノコなども販売する同イベント。イベント会場は稲瀬川沿いに6カ所設置し、各会場間は無料のシャトルバスが循環する。

[広告]

 「まつり本部」となる稲瀬会場では、軽トラ市場、甘酒の無料サービス、清流太鼓、芝川リズム、内房音頭、芝川おどり、富士山音頭などを展開。

 瓜島会場では、しし汁の配布、ゆでたけのこ、たけのこ入りコロッケ、たけのこご飯、姫皮カレーの販売などを予定し、付近では無料のラフティングの模擬体験も行う。

 尾崎会場では、たけのこご飯、小麦まんじゅう、もつ煮、ゆでたけのこ、農作物などの販売や、たけのこ姫皮汁の配布、お菓子のつかみ取り企画など開く。

 採れたてのタケノコの販売は内房小会場で9時から実施。スタンプラリーも行い、尾崎・里づくり・稲瀬瓜島会場を巡った先着150人にはイベント限定「たけピカくんストラップ」を進呈する。

 開催時間は9時~15時。小雨決行、雨天中止。開催の有無は当日6時から電話(TEL 0544-26-6111)で確認できる。