3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

富士吉田市で「吉田のうどんスタンプラリー」 51店舗が参加、15回目

「吉田のうどん」

「吉田のうどん」

  • 200

  •  

 富士吉田市にある「吉田のうどん」提供店51店舗で現在、「吉田のうどんスタンプラリー2017-2018」が開催されている。

 「吉田のうどんマップ」パンフレット掲載店の中から3店のうどんを食べスタンプを押し応募することで、抽選で富士吉田や吉田のうどんに関連したグッズなどが当たる同イベント。

[広告]

 スタンプラリーは、ふじよしだ観光振興サービスが観光関連団体と連携し、富士山・五湖地域の観光振興事業を多面的に推進している一環として毎年開催している企画。今年で15回目で、観光客が減少する閑散期となる秋から冬季期間の約4カ月の集客増加を目指し開催する。

 「吉田のうどん」は、主に山梨県富士吉田市を含む郡内(ぐんない)地方で食べられている郷土料理。つゆは、しょうゆとみそブレンドのつゆが主流。みそベース、しょうゆベースの店もあるなど、それぞれの店で異なるつゆの味が楽しめるのが特長。

 麺は、コシの強いねじれ麺でほとんどの店が自家製。具はキャベツが定番で、肉、ニンジン、ネギ、油揚げなどを付け合わせ、肉は馬肉を使うことが多い。ゴマ、さんしょう、唐辛子などで作る薬味「すりだね」は、店により味がさまざまだという。

 「吉田のうどんマップ」は、富士吉田市内にある吉田のうどん店の情報とマップを掲載したパンフレット。富士吉田市内、周辺観光施設で配布しているほか、ホームページでもダウンロードできる。

 来年3月11日まで。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?