見る・遊ぶ 学ぶ・知る

富士吉田で「吉田の火祭り」 90本のたいまつが夏の吉田を照らす

火祭りの様子

火祭りの様子

  • 6

  •  

 「吉田の火祭り・すすき祭り」が8月26日・27日、富士吉田市で行われる。

[広告]

 およそ400年の歴史があるといわれる同祭は、北口本宮冨士浅間神社に隣接する諏訪神社の祭典。毎年8月26日、27日に行われ、26日を「火祭り」と、翌日の祭典を「すすき祭り」と、それぞれ呼ぶ。

 26日には両神社の氏子地域に明神型みこしの「お明神さん」と富士を表すみこし「御影」(お山さん)の2基が地区内を練り歩き、夜には「御旅所(おたびしょ)」と呼ばれる場所に奉安される。同時に高さ3メートルの大たいまつ90本以上が点火され、夜の吉田市内を明るく照らす。

 日本三大奇祭・日本十大火祭りとしてとしても知られ、例年国内外から多くの見物客が訪れる。

 北口本宮冨士浅間神社・広報担当者の高雄次さんは「今年も多くの人に訪れてもらいたい」と話す。

 26日=15時開始、27日=13時30分開始。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース