見る・遊ぶ

富士急ハイランドに屋外スケートリンク イルミネーションも

「クリスタルラグーンリンク」

「クリスタルラグーンリンク」

  • 8

  •  

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で11月26日、屋外スケートリンクがオープンした。

スケート補助具「Qスケ」

 屋外スケートリンクは同日オープンの「SEIKO-OVAL(セイコオーバル)」と、12月19日から開放する「クリスタルラグーンリンク」の2つ。

[広告]

 「SEIKO-OVAL(セイコオーバル)」は富士急ハイランドの南側に位置し、競技用スケートリンクとしても使う全周400メートルのスケートリンク。

 「クリスタルラグーンリンク」は、3800平方メートルの空間の中に7つの小島が点在するリンク。富士山をバックにスケーティングが楽しめるほか、夕暮れ時にはイルミネーションを点灯する。

 初心者でも安心してスケートを体験できるよう、オリジナルで開発した二枚刃スケート靴や、スケート補助具、氷上ソリなどのアイテムを用意する。

 滑走料は、大人=1,500円、子ども(小学生以下)=900円。フリーパス購入者は滑走料が無料。靴レンタル料は1足1,000円(スケート靴持ち込み可能)。アイテムレンタル料は、氷上ソリ「スケートメイト」=600円(30分)、スケート補助具「Qスケ」=300円(同)、ヘルメット=300円。

 営業時間は9時~18時(日により異なる)。入園無料。2月28日まで。

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?