見る・遊ぶ

「御殿場高原時之栖」にイルミネーション 光のトンネルや新スポットなど

「スローハウストゥインクル」

「スローハウストゥインクル」

  •  
  •  

 冬のイルミネーション「ひかりのすみか」が10月26日から、リゾート施設「御殿場高原時之栖」(静岡県御殿場市)で開催される。

「ツインツリー」

 18年目となる今年のイルミネーションのテーマは「希望~光の彼方へ~」。ヒカリの閃光「スーパーサーチライト」が上空を照らし、壮大な宇宙・銀河・星空をイメージした世界が敷地全体に広がるという。

[広告]

 日本一の高さ150メートルを誇る噴水ショー会場「王宮の丘」にできた新スポット「LIGHT OF MAGIC WONDER CIRCUS」は、光と反射の空間作品を作り出すアート集団ミラーボーラーが監修した。

 全長約370メートルの「光のトンネル」は、時間の流れとともにゆっくりと変化を繰り返し、来場者を幻想的な光で包むという。

 台湾のランタンアーティストによる芸術作品「ランタンオブジェ」は、200メートル続く銀河の下、12星座をモチーフにした色鮮やかなオブジェになっているという。齢120年のモミの木は、宇宙空間をイメージしたカラーで彩られ、初夢の橋には無数の星が織りなす「星屑ロード」が初登場する。

 イルミネーションスポット「スローハウストゥインクル」や、全国から集めた約200種4500匹の金魚を展示する「水中楽園 アクアリウム」なども展開する。

 点灯時間は16時30分~22時。入場無料(「水中楽園 アクアリウム」「王宮の丘」は有料)。3月15日まで。

  • はてなブックマークに追加

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?