3密を避けて新しい生活様式へ!

山中湖「花の都公園」のクマガイソウ見頃続く 見学ツアーも期間延長

クマガイソウ

クマガイソウ

  • 17

  •  

 花の都公園(山梨県山中湖村)で現在、約3000株のクマガイソウの見頃が続いている。

 ラン科アツモリソウ属で、日本最大の野生ランとも言われるクマガイソウ。扇形の葉と紫色の模様の入った白い袋状の花が特徴。環境省によるレッドデータブックでは絶滅危惧II類に指定されている。

[広告]

 クマガイソウや周辺の自然をネイチャーガイドとともに見学する所要時間約30分のツアー(参加無料)を実施。同園のクマガイソウは5月15日の時点で見頃を迎え、良い状態が続いているため、ツアーの期間を5月25日まで延長し開催している。

 春のイベント「春の息吹」も開催中。チューリップは、先に咲いていた部分は終わりに近づき、遅咲きの部分はまだ咲いている状態。ネモフィラ・芝桜も咲いており、藤が咲き始めの状態だという。

 営業時間は8時30分~17時30分。有料エリアの入園料は、大人=500円、小・中学生=200円。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?