天気予報

11

1

みん経トピックス

リサとガスパール×ブランド富士市が富士山登山ツアー

河口湖の地ビールレストランで19周年&地ビールの日飲み放題イベント

河口湖の地ビールレストランで19周年&地ビールの日飲み放題イベント

富士桜高原麦酒のレギュラー4種類が飲み放題

写真を拡大 地図を拡大

 富士山の麓の地ビールレストラン「シルバンズ」(山梨県富士河口湖町)で現在、ディナータイム限定で「シルバンズ19周年&地ビールの日飲み放題」イベントが行われている。

春限定メニューなど

 シルバンズ併設の醸造所で作られた地ビール「富士桜高原麦酒」を提供している同店。富士桜高原麦酒は、富士山の伏流水「ふじざくら命水」とドイツで学んだ醸造士が造り出すドイツスタイルのビール。

 ドイツでは、1516年4月23日にヴィルヘルム4世によって発令された「ビール純粋令」を記念して、1995年から4月23日を「ビールの日」としている。これにちなんで日本でも1999年に日本地ビール協会を中心とした地ビールの日選考委員会によって4月23日を「地ビールの日」と定めているという。

 イベントは、この「地ビールの日」と4月20日のシルバンズ19周年を記念して開催。料金は1,080円で、制限時間は90分。

 富士桜高原麦酒のレギュラー4種類である、ラガータイプの「ピルス」、フルーティーな香りと味わいの「ヴァイツェン」、薫製ビールの「ラオホ」、キレと香ばしさが共存した黒ビール「シュヴァルツヴァイツェン」が飲み放題となる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時30分~22時(土曜・日曜・祝日は11時30分~22時)。木曜定休。今月23日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?

アクセスランキング