食べる

富士桜高原麦酒が新限定フルーツビール「ヘイジーゆずヴァイツェン」

「ヘイジーゆずヴァイツェン」

「ヘイジーゆずヴァイツェン」

  • 6

  •  

 山梨県南都留郡富士河口湖町で醸造・販売している「富士桜高原麦酒」は1月15日から、新限定ビール「ヘイジーゆずヴァイツェン」を販売している。

 「ヘイジーゆずヴァイツェン」は、2020年にイギリスで開催された世界大会「ワールドビアアワード2020」のフルーツビールカテゴリーで世界一を受賞した「ゆずヴァイツェン」をベースに、山梨県富士川町産のゆずの皮を増量し、さらにドライホッピングすることで、「フレッシュなゆずの香りとゆずの皮の苦みを思わせる大人のフルーツビール」に仕上げたという。

[広告]

 「ヘイジー(Hazy)」とは「濁っている」を表す言葉で、「近年のクラフトビールは、ヘイジ―IPAなどヘイジー系と呼ばれる濁ったビールが人気スタイルとなっている」と同社。そこで今回、「ゆずヴァイツェン」と、ヘイジー系ビールを融合させた限定ビールに挑戦したという。

 販売は、富士河口湖町の地ビールレストラン「シルバンズ」の売店や、インターネット通販で行う。希望小売価格は330ミリリットル瓶480円(税別)。

ピックアップ

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?