3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

春の限定ビール「さくらボック」 桜の開花時期に合わせて発売

富士桜高原麦酒「さくらボック」

富士桜高原麦酒「さくらボック」

  •  
  •  

 地ビール「富士桜高原麦酒(ビール)」を醸造・販売する富士観光開発(山梨県南都留郡富士河口湖町)が3月、春の限定ビール「さくらボック」の販売を始めた。

 寒さの厳しい12月に仕込み、3カ月以上かけて長期熟成させることで、アルコール感やモルトのうま味を引き出した同ビール。毎年桜の開花時期に合わせて醸造・販売される。

[広告]

 ドイツでは「ドッペルボック」と呼ばれるカテゴリーのビール。通常のビールの約2倍のモルトを使い、長期熟成させることでアルコール度数も8%と高く、甘味・苦み・香りのバランスが取れたビールに仕上がっているという。

 富士観光開発は「おすすめの飲み頃温度は8度前後となっている。あまり冷やし過ぎずに召し上がってほしい」としている。

 希望小売価格は330ミリリットル=480円(税別)。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?