見る・遊ぶ

「“あなたのふじさん”教えてください2020夏」 ツイッターでいろいろな富士山を投稿

身近な富士山や富士山を作ってみたなど

身近な富士山や富士山を作ってみたなど

  • 9

  •  

 ツイッターを使い富士山に関連する写真を投稿するイベント「“あなたのふじさん”教えてください2020夏」が現在、開催されている。

 富士宮市富士山世界遺産課の池田浩樹さんは「今年の夏は、新型コロナウイルス感染症の影響により、登山道が閉鎖されるなど富士山との関わり方に大きな変化がある。このような中、これまでとは違った方法で富士山に親しんでもらえないかと考えた」と話す。

[広告]

 参加者は富士宮市富士山世界遺産課のTwitterアカウント(@fujinomiya_223)をフォローし、ハッシュタグ「#あなふじなつ2020」を付けて投稿する。内容は「富士山を作ってみた」「自宅から見える富士山」「通勤・通学途中に見える富士山」「偶然見掛けた富士山に見えるもの」など、イベント実施期間に撮影された写真で富士山に関するものなら何でも構わない。ツイートには写真についての説明、風景写真の場合は撮影場所を記載する。投稿の回数に制限はない。

 審査等による順位付けはなく、写真のクオリティーにこだわらず気軽に投稿できる。参加者の中から抽選で「富士山バッグ」「富士山コースター」「こびとのふじさんバッジ」などの富士山グッズを進呈する。

 池田さんは「富士山が見えない日でも富士山が見えないところに住んでいる人でも自由な発想で皆さんの知っている『ふじさん』を投稿できる。集められた写真を見てもらうことで富士山を身近に感じたり、新しい富士山の魅力を発見したり楽しんでほしい。皆さんのツイートで『#あなふじなつ2020』をふじさんたっぷりの楽しい場所にしてもらえたら」と話す。

 9月4日まで。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?