見る・遊ぶ

河口湖畔で「河口湖ハーブフェスティバル」 ラベンダーのほかアジサイなども

富士山と河口湖とラベンダー

富士山と河口湖とラベンダー

  •  
  •  

 河口湖畔全域(山梨県富士河口湖町)で6月14日から、「河口湖ハーブフェスティバル」が開催される。

 富士河口湖町八木崎公園、大石公園をメインに湖畔全域で行う。湖畔の花壇には開花時期の違う「おかむらさき」「こいむらさき」「グロッソ」の3種類のラベンダーが植えられているほか、八木崎公園にはアジサイ、大石公園にはラベンダーのほかさまざまな種類のハーブが植えられている。

[広告]

 現在の開花状況は八木崎公園、大石公園共に色づき始め。一番の見頃は6月末ごろになるという。

 平日は山梨県を中心に活動しているアーティストのステージ、週末は和太鼓や太神楽のステージイベントも行う。29日には、スカイランタンとファイヤーパフォーマンスを行うイベント「燭(ショク)」を八木崎公園で予定している。

 富士河口湖町観光課の渡辺敏史さんは「雄大な富士山と河口湖と一緒に見られるラベンダー畑を楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は9時~18時(大石公園は17時まで)。入場無料。八木崎公園は7月7日まで、大石公園は15日まで。

  • はてなブックマークに追加