プレスリリース

鈴木浜松市長と河村名古屋市長 スタートアップ・エコシステム拠点都市認定後、初の公式対談決定 1/28 Vol.02「ものづくり都市」による研究開発型スタートアップ支援

リリース発行企業:浜松市

情報提供:

浜松市が開催するオンラインイベント「やらまいか浜松2020」において、スタートアップ・エコシステム拠点都市を目指す浜松市、名古屋市の両市長の対談が決定いたしました。 【お申込みはこちら】https://hamamatsu-startup-ecosystem2.peatix.com/



浜松市では、スタートアップが生まれ、育ち、集まるエコシステムを持つ都市『浜松バレー』の実現を目指し、スタートアップ支援・誘致に積極的に取り組んでいます。
この度、内閣府から「スタートアップ・エコシステム拠点都市」の「グローバル拠点都市」に認定されたことを機に、スタートアップ支援における本市の魅力や今後の目指す姿等を全国にPRし、スタートアップ誘致につなげる3回シリーズのオンラインイベントを開催しています。
第2回は、「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」において連携する名古屋市より河村市長をお招きし、本市の鈴木市長との対談をお届けします。また、それ以外にも大学発スタートアップのピッチなども予定しています。

【プログラム】


※閉会後、“oVice”と言うサービスを利用して、オンライン交流会の時間も設けております。お時間のある方は是非ご参加ください。本市の担当者に、気になることがございましたら、お気軽にお尋ねください。また、本市では、新たなスタートアップ政策も検討しております。こんな制度があれば活用したい等のご要望がございましたら、是非イベント後のアンケート等を通じてご回答をお願いします。

【参考】浜松市のスタートアップ支援政策
浜松市では、スタートアップが創業し成長するために必要となる、資金調達、販路拡大、人材獲得等の様々な悩みを解決する政策を行っています(以下、図参照)。市外スタートアップでも活用可能な施策もありますが、浜松市への進出を検討する企業には、さらに様々な補助金をご活用頂くことができます。



【お申込みはこちら】https://hamamatsu-startup-ecosystem2.peatix.com/

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?