プレスリリース

ウェルネステーマの「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」内「発酵」を核としたカフェ先行オープン

リリース発行企業:株式会社 クロシェット

情報提供:

Re・lationグループ(静岡県浜松市西区和地町、代表:高橋秀幸)は、2020年10月30日、静岡県浜松市西区呉松町に、「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」内浜名湖テラス&カフェ「& CAFE」(アンドカフェ)&ライブラリーを開業します。



Re・lationグループは建物リノベーション・新築や管理、建築技術結集の場「ぬくもりの森」(浜松市西区和地町)、「HAMANAKO ENGINE」(同舘山寺町)などを運営しています。
今回新たに開業する「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」は、浜名湖大草山の山頂に位置する旧国民宿舎をリノベーションし、従来の宿泊・大浴場に加え、カフェやレストラン、貸切風呂、ワークショップもできる体験型多用途施設に生まれ変わります。

■「& CAFÉ」コンセプト – ココロとカラダを醸す場所
テラスを備えるカフェからは、浜名湖を見渡す大パノラマと四季折々の自然の景観を一望することができます。日本の伝統食である「発酵」をテーマに、地元の食材をふんだんに使った料理やスイーツ、ドリンクメニューを提供。厳選したライブラリーと、発酵と地元生産品のセレクトショップを併設しています。

■「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」ストーリー
浜名湖舘山寺は、湯治場・温泉地として愛されてきました。「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」は湯治場としての役割を再構築し、「ウェルネス」をテーマとした体験型多用途施設を目指していきます。
建物を再生した上で”まち”を発酵させ、地域の文化や歴史、技術を次世代に繋げていくことを理念に掲げるRe・lationグループ。「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」をハブ的役割として地域活性化を実現いたします。

■「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」施設概要
10月30日からは、「浜名湖テラス& CAFÉ」と「ぬくもりの広場」、オープンスペースを先行オープンいたします。「ぬくもりの広場」では、ぬくもりの小屋を囲んで様々なワークショップを予定しています。
今冬には、展望大浴場や貸切風呂、宿泊施設、レストランも全て完成し、グランドオープンを迎えます。「ウェルネス」「発酵」をテーマにした、お子さまも一緒に楽しむことができる体験イベントやワークショップも計画しております。また、ワーケーションやリゾートテレワークにも最適な環境を整えます。
「KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘」での滞在を通して心も体も整えられ、「インスピレーションが生まれる場所」を目指します。

名称:KAReN HaMaNaKo かんざんじ荘
住所:静岡県浜松市西区呉松町1768-1 TEL:053-522-9640
URL:http://karen-hamanako.jp    運営:Re・lationグループ(クロシェット) 


■問い合わせ先
広報担当:高橋規克 MAIL:n-takahashi@re-lation.jp

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?