3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

富士桜高原麦酒、数量限定ビール「ミュンヘンラガー」発売 

富士桜高原麦酒「ミュンヘンラガー」

富士桜高原麦酒「ミュンヘンラガー」

  • 0

  •  

 富士観光開発(山梨県富士河口湖町)が醸造・販売する「富士桜高原麦酒」から5月20日、「ミュンヘンラガー」が数量限定で発売された。

 アルコール度数は5.0%。独ミュンヘンで飲まれている「ヘレス」をベースにしたラガービールで、苦味が少なくモルトの風味が特徴。新鮮なモルトの風味とスパイシーなポップを使うことで「喉越しのいい」ビールに仕上げたという。

[広告]

 ミュンヘンラガーは、世界的なビアコンテスト「ワールド・ビア・アワード」の2015年大会において、ラガービールカテゴリーの「ワールドベスト・ヘレス/ミュンヘナー」スタイルで世界一を受賞した。

 広報担当者は「ビールのおいしい季節が到来した。ビール本来のモルトの風味を生かしたビールを味わってほしい」と呼び掛ける。

 希望小売価格は330ミリリットル瓶460円(税別)。地ビールレストラン「シルバンズ」のほか、楽天サイト「富士山からのおくりもの」でも扱う。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?