河口湖に浮かぶ「浮島」が陸続きに 降水量は平年値のおよそ半分

河口湖に浮かぶ「浮島」の六角堂と富士山

河口湖に浮かぶ「浮島」の六角堂と富士山

  •  

 河口湖の水位が下がっていることから現在、同湖南岸、八木崎公園付近に浮かぶ「浮島」が陸続きとなり、歩いて渡ることができる。

河口湖畔から見た「浮島」

 浮島には日蓮にちなんだ「六角堂」が立っており、訪れた観光客は、普段は気軽に行くことができない六角堂と富士山の競演を楽しんでいる。

[広告]

 気象庁の発表によれば、河口湖の降水量の平年値は、5月の合計が123.7ミリ。今年5月はこれまでに64.5ミリしか降っていない。一方、日照時間の平年値は170.3時間だが、今年5月は既に183.2時間に上っている。今年は富士山の雪解けが早く、「農鳥」の観測が例年より1カ月以上早かった。

 過去には、2013年の春から秋にかけても同じように陸続きとなった。