3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

富士山登山者にヘルメット無料貸し出しへ 富士宮市がクラウドファンディング

富士宮からの富士山

富士宮からの富士山

  •  
  •  

 静岡県富士宮市は4月10日、富士宮口五合目からの富士山登山者に専用ヘルメットを無料で貸し出し、安全な登山を啓発するプロジェクトへの寄付を募るクラウドファンディングを開始した。

富士宮ルート登山風景

 寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ寄付を募る「さとふるクラウドファンディング」で展開する同事業。事業名は「富士山でケガする人を1人でも減らすために。登山用ヘルメットを広めたい!」で、目標寄付額は70万円。受付期間は5月29日までで、期間や募集金額は変更となる場合がある。

[広告]

 富士山麓に位置し、富士登山の入り口である富士宮口五合目がある富士宮市。天候が変わりやすい富士山では、天候変化に対応できる服装・装備が必要だが、一部の人が軽装で登山をすることが問題となっている。市は、ホームページ上で注意喚起をしたり、富士宮口五合目で安全啓発チラシを配布するなどをしているが、軽装で登山する人がいまだにいる状況だという。

 静岡県富士宮市は今回の事業について、「富士山は『日本人のふるさと』ともいえる大切な存在。その富士山で、けがや事故に遭ってしまうと、せっかくの思い出が悲しいものになってしまう。お越しいただいた登山者の皆さまに、楽しい思い出とともにお帰りいただけるよう、安全に対する啓発の取り組みを行っていく。皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます」とアピールする。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?