買う

パイロットコーポレーション100周年記念蒔絵万年筆 モチーフに富士山

創立100周年記念蒔絵万年筆

創立100周年記念蒔絵万年筆

  •  

 パイロットコーポレーション(東京都中央区)は11月、創立100周年を記念する「創立100周年記念漆芸品」として万年筆「富士」「富士と明治丸」の販売を始める。

 創業者が掲げた「山は富士、万年筆はパイロット」という言葉にちなんで富士山のモチーフを漆芸で表現した万年筆。創立間もない頃より受け継がれてきた蒔絵(まきえ)技法を用いている。同社は1918(大正7年)年に初の純国産万年筆を製造する並木製作所として創業し、創業間もなく海外市場進出のため蒔絵万年筆の生産を始めた。

[広告]

 「富士」は大型50号のエンペラーサイズの大型蒔絵万年筆で、キャップには卵殻技法で雪化粧を表現した富士山を、軸には長寿の象徴といわれる松と山水が描かれている。漆仕上げの専用の箱には社章である浮輪マークのプレートが付いている。

 「富士と明治丸」はキャップに船出を見守る富士山を、軸には帆船「明治丸」を研出高蒔絵という技法で描いている。「明治丸」は東京商船学校出身の創業者が研修で乗船した帆船で、社名の「パイロット」は船舶を安全に導く専門家である「水先案内人=パイロット」をモチーフに「業界の水先案内人」になるようにとの思いが込められているという。