見る・遊ぶ 学ぶ・知る

山中湖でボードに乗ってパドルこぐSUPの大会「山中湖SUPerマラソン」

山中湖SUPerマラソン

山中湖SUPerマラソン

  •  

 山中湖で6月24日、SUP(Stand Up Paddle surfing)の国際競技大会「山中湖SUPerマラソン」が開催される。

 SUPとはStand up paddle surfingのことで、大きなサーフボードの上に乗ってパドルをこぐことで水上を進むスポーツ。同大会は2015年より開催され、今年で4回目。

[広告]

 山中湖を2周する22キロコース、同1周する11キロコース、ファーストマークを周回する3キロコースと、初心者から上級者、キッズクラスからドッグSUPまでさまざまなコースが用意されている。表彰は各クラス男女別上位入賞者の他に11キロコースでは年齢別表彰がある。特別表彰としてコスプレや一発芸などによるベストパフォーマンス賞もある。

 エントリーはアクティビティジャパンのウェブサイト上で受け付ける。大会当日は海外のインフルエンサーも参加予定。当日はリラックスヨガ教室(1時間2,000円)やキャンピングカーで前泊できる駐車場(1日2万1,600円から)も用意する。

 同大会メインスポンサーのCool Japan TV(東京都渋谷区)は「『山中湖SUPerマラソン』は日本が誇る世界遺産の富士山を背景に、山中湖でSUPを楽しむことができる人気イベントで、日本的な景観の美しさと圧倒的なスケール感は観光コンテンツとして大きな魅力であり、地域の魅力と価値の発信、訪日外国人観光客の誘致、国際的なイベントとしての発展を目指していく」とコメント。

 エントリー費は、22キロコースと11キロコースが、一般=5,500円、学生=4,000円、3キロコースが一律3,000円。