見る・遊ぶ

富士急ハイランドに新エリア「ゲゲゲの妖怪横丁」 約200種類の鬼太郎グッズも

ねずみ男と鬼太郎 ©水木プロ

ねずみ男と鬼太郎 ©水木プロ

  •  
  •  

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)内に4月29日、新エリア「ゲゲゲの妖怪横丁」がオープンした。

「ゲゲゲの妖怪横丁」イメージ

 水木しげるさんのマンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の世界を表現した同エリア。サウンドアトラクション「妖怪小噺」のほか、約200種類の鬼太郎グッズをそろえる「妖怪売店」、焼き団子などの飲食物を販売する「富士山茶屋・富士山団子屋」、キャラクターたちと写真撮影ができるフォトスポットを用意する。

[広告]

 サウンドアトラクション「妖怪小噺」は、鬼太郎・ねずみ男・目玉おやじ・ねこ娘などによる「ちょっぴり怖い」話をヘッドフォンで楽しむもの。所要時間は約5分で日本語のみ。利用料は400円。フリーパス、トーマスランドパス、シニアパスにも対応する。

 同園スタッフは「富士急ハイランド第二入園口近くにあり、同じエリアには「和」の演出が施されている人気アトラクションや和風レストランがある。時代を超えて愛され続けている『ゲゲゲの鬼太郎』の世界と、和風の建屋が並ぶ門前町の雰囲気を、海外からのお客さまにもお楽しみいただけるようになっている」と話す。

 営業時間は、5月2日=8時~20時、5月3日~5日=7時~21時、5月6日・7日=8時30分~20時、5月8日=8時30分~19時、5月9日~5月31日=9時~17時(土曜・日曜は18時まで)。休園日は5月17日・6月21日・7月12日(8月・9月は無休)。入園料は、大人=1,500円、子ども=900円。

  • はてなブックマークに追加