見る・遊ぶ

フジヤマミュージアムで春の収蔵作品展 横山大観「蓬莱神山」初公開

横山大観「蓬莱神山」

横山大観「蓬莱神山」

  • 2

  •  

 フジヤマミュージアム(山梨県富士吉田市)で現在、春の収蔵作品展が開催されている。

岡田三郎助「春-清水より富士-」

 今春新たに横山大観「蓬莱神山」「不二霊峰」、黒田清輝「富士」、林武「富士」、吉田博「富士拾景」など富士山をテーマにした作品9点を収蔵した同ミュージアム。このうち横山大観「蓬莱神山」を初公開する。

[広告]

 「蓬莱神山」は日米開戦の翌年に当たる1942(昭和17)年に制作された。「国運と武威を祈る意味合いもさることながら、神仙思想と富士山を神とあがめる信仰とが出合った吉祥画であり、大観の力量をいかんなく発揮した力作」だという。

 このほか展示されるのは牛島憲之「赤い富士」、草間彌生「富士」、高橋松亭「三保の富士」、高島北海「富士」、川瀬巴水「鳴沢の富士」など約70点。また、同時開催のテーマ展示「花が彩る富士」では花と富士山が描かれた作品10点を展示。赤富士7点を集めた赤富士コーナーも展開する。

 期間中毎日10時~16時、焼くと固まるカラフルな粘土を使ってオリジナルのカトラリーを作る「カラフルねんどでカトラリー作り」を開催する。土曜・日曜・祝日限定で「学芸員とめぐる“富士山の絵画”鑑賞ツアー」(要予約)も開催する。

 開館時間は10時~17時30分。入館料は大人=1,000円、大学・専門学校生=800円、高校生=600円、中学生=500円、小学生以下無料。休館日は5月13日、6月10日・17日、7月1日。7月4日まで。

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース