見る・遊ぶ

御殿場高原時之栖で冬のイルミネーション 「キラメキ銀河通り」や新スポットも

王宮の丘とスローハウストゥインクル

王宮の丘とスローハウストゥインクル

  • 7

  •  

 リゾート施設「御殿場高原時之栖」(静岡県御殿場市)で現在、冬のイルミネーション「ひかりのすみか」が開催されている。

噴水レーザーショー「ヴェルサイユの光」

 19年目となる今年のイルミネーションのメインテーマは「元気を出そう!」。壮大な世界を演出するという「スーパーサーチライト」で上空を照らすほか、敷地中央の全長約370メートルの「光のトンネル」は時間の流れとともに変化を繰り返し、対照的な光の世界を幻想的に表現したという「キラメキ銀河通り」にバージョンアップした。

[広告]

 参加型イルミネーション「ツリーの森」は地域の人々と共にアイデアを出し作り上げたイルミネーションツリーが100メートルにわたり飾られる。

 「ツリーの森」の先にある有料エリア「王宮の丘」では日本一の高さを誇る最高到達点150メートルの噴水レーザーショー「ヴェルサイユの光」を新プログラムにしたほか、光のボールが音に合わせて変化を続ける新スポット「It's a colorful world」を展開。

 「ツインツリーと初夢の橋」エリアでは樹齢120年のモミの木のツリーがイルミネーションで彩られる。今年のカラーは白。20メートルのツリーを彩るLED球の数量を増やし一層の輝きを放つという。初夢の橋をイルミネーションで彩る「星屑(ほしくず)ロード」も展開する。

 イルミネーションスポット「スローハウストゥインクル」や、全国から集めた約200種4500匹の金魚を展示する「水中楽園 アクアリウム」なども展開する。

 点灯時間は17時30分~22時(時期によって異なる)。入場無料(「水中楽園 アクアリウム」「王宮の丘」は有料)。来年3月21日まで。

Stay at Home

富士山経済新聞VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?