天気予報

23

12

みん経トピックス

富士宮市でWi-Fi設置へ富士花鳥園リニューアル

富士急行線の新型特急、運行ダイヤ決定 スイーツプラン設定列車も

富士急行線の新型特急、運行ダイヤ決定 スイーツプラン設定列車も

富士急行線「富士山ビュー特急」内装イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 富士急行(山梨県富士吉田市)は4月23日から、富士急行線で新型特急「富士山ビュー特急」の運行を開始することを決定し、特別車両(1号車)の予約を3月23日から受け付けている。

運行ダイヤ

 車両は特別車両(1号車)と自由席車両(2・3号車)の3両編成。富士急行線大月駅―河口湖駅間を平日2往復、土曜・日曜・休日3往復運行する。そのうち土曜・日曜・祝日の2往復は「スイーツプラン」専用車両となる。

 特別車両の1号車は全席指定で26席。「ゆったりとした懐かしいホテルのような空間の中で」、コーヒーや紅茶などのウエルカムドリンクをサービスする。「スイーツプラン」専用車両では、富士山を眺めながら山梨の味覚を取り入れた特製スイーツを提供。スイーツは「ハイランドリゾートホテル&スパ」シェフパティシエの橋本道郎さんが手掛ける。

 自由席車両の2・3号車では、スイーツ・ドリンクの提供は行わないが、車内販売でお土産品やオリジナルグッズを売り出す。

 特別車両(1号車)の料金は、通常列車=運賃+特急料金400円+特別車両料金900円、スイーツプラン設定列車=運賃・特急料金等込みで4,000円。自由席車両(2・3号車)=運賃+特急料金400円。スイーツプラン設定列車の特別車両(1号車)の利用区間は、大月駅―富士山駅、 大月駅―富士急ハイランド駅、大月駅―河口湖駅のみ。事前予約制。乗車日の1カ月前から予約できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

富士山閉山日統一。開山日はどうする?

アクセスランキング